コハクチョウ Feed

2011年8月15日 (月)

ごあいさつ

Img_2829_2

本日お陰さまで無事、「滋賀ブログ仲間による風景写真展」を終了いたしました。 お盆時期のご多忙中にもかかわらず、延べ731人名のたくさんの方々に」ご来場いただきました。

同時期、別の場所では「コハクチョウ環境写真展」が実施されており、そちらの方での口コミで、わざわざお越しいただいた方もおられました。 その他応援いただいたたくさんの皆様、ありがとうございました。

今後、もっともっと良い作品を楽しく撮って、美しい風景、環境を愛する心の輪が大きく広がっていくことを願い活動していきたいと思います。  

2010年12月30日 (木)

久々のコハクチョウ(H22.12.29撮影)

Img_2783

Canon EOS 5D markⅡ (EF24-105/4L IS USM )

年末大掃除の前にもう少しだけ寄り道して、久々にコハクチョウに会いに行ってきました。 

光加減で水は美しいうえ、短時間の間に飛来、飛翔の勇姿が見られ、撮影することができました。 この日、今シーズン最高の8羽が志那浜にやってきたとのことでした。

2009年2月16日 (月)

コハクチョウ(撮影H21.2.14)

P2148742

OLYMPUS E-500  (ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3)

撮影ツアーの途中、久しぶりにコハクチョウの飛んでいる勇姿を撮影できました。 翌日の明け方は白鳥座と国際宇宙ステーションを狙いです。 これは幸先が良さそうです。

2008年10月16日 (木)

夜明け(H19.2.3撮影)

P2038688

OLYMPUS-DIGITAL E500  シグマレンズ50-500mm

これはシーズン2年目のお気に入り。シーズン中の数少ない満月の日のシャッターチャンスにうまく撮れました。 この日ばかりは数日前からイメージを膨らませて、当日は現場に一番乗り。なんときれいなお月さんでしょう、、、寒い中凍えながら、なんどもカメラのセットを確認し、月が沈むまでにコハクチョウが飛んできてくれることを願いながら待ちました。 「来た!」 カメラを向けてピントを合わせて、興奮で震えながらシャッターを、、、「やった!フレームに収まった。。。」 このときの興奮は、いまだ忘れられません。 このあと朝焼けの中を飛ぶコハクチョウや、虹の中を飛ぶコハクチョウを撮りたいなあと思って何度も足を運んでいましたが、気に入ったのは撮れてません。 ちょっと風景写真(朝日)の方にも興味を覚えて、どちらを撮るか天秤にかけながらの撮影で、体が足りません。今シーズンはどうなることやら。。。

2008年10月15日 (水)

スタート(H18.2.25撮影)

P2250564

OLYMPUS-DIGITAL E500  18-180mm

いよいよ今シーズンも、コハクチョウが琵琶湖(志那)にやってきますね。
10月10日の午前7時ごろ、湖北町海老江の沖500mの琵琶湖にコハクチョウ(成鳥)が1羽飛来しているのを地元鳥愛好家の方が見つけられたそうです。これは野鳥センターに記録のある25年の中で最速だそうです。

この写真は、私が琵琶湖でコハクチョウと出遭って撮った、初シーズン目のお気に入りです。ブログのスタートもこの写真から始めました。 そのときのコメントを紹介します。

「ブログ初心者です。昨年(前シーズン)からコハクチョウの撮影にすっかりはまってしまいました。
 一眼レフカメラも初心者。買ったばかりで、コハクチョウが撮り始めです。たまたま撮影地の前を車で通りかかり、琵琶湖に浮かぶコハクチョウを見かけたのが始まりです。
 飛ぶ姿や、羽をはばたかせる姿、いろいろなポーズ、また回りの状況変化等でいろいろな光景のシャッターチャンスが現れます。 それをうまくゲットすること、、、それが難しい。
ピントが甘かったり、手ぶれをしていたり、一部が切れていたり、またカメラの電池が切れたり、カメラの調子が悪くシャッターがきれずに悔しい思いをしたり、、、それだけに上手くゲットできたときの喜びは格別です。 家で撮影してきた画像をみて反省と共に次の撮影計画、休みになると自然に早く目が覚めて足が向いてしまいます。 
・・・という訳で今シーズンも休日は時間がとれたら、通いつめています。この写真は、前シーズンの私の一番のお気に入りです。 そこで知り合った方々から話を聞くうちブログの世界にも興味をおぼえ、始めることにしました。」

Powered by Six Apart

ウェブページ